足も長く見えるし

僕は24歳で身長166センチのごく普通のサラリーマンです。本当は170センチは身長欲しかったのですが、ダメでしたね(TДT)
17歳くらいで身長止まっちゃいましたね。。。

低身長,男,ファッション,通販

 

ちょっと前までの悩みは低身長だと似合う服って無いってこと。
ジャケット着てもおこちゃまに見られちゃいますしね・・困りますよね〜( p_q)エ-ン
でも低身長でも低く見られないファッションコーデってあるんですね、知らなかったです。半信半疑でテーラードジャケットを通販で購入したのですが、花見の時に会社の女子ウケも良かったです♪
トップスは丈も短めでタイトなほうが低身長を感じさせないんですね〜
今では常連になっている通販ショップですが、もっと早く存在を知りたかったです・・・。

 

>>例えばこことか

 

 

このショップはモデルさんが170センチ以下なので自分とイメージしやすいし、コーデの参考になりますよね。
話は変わりますが僕はたまに街コンに行きますけど、着こなしが上手くなったようで身長低いなんて女性に言われないし、正直背の高い180センチくらいの男性よりモテてますミ( ̄ー ̄)彡
要は背が低いように見られないファッションアイテムを身に付ければ、そんなふうに見えないし、なんかパーティーとかでも堂々と振る舞えます。前は自信がなかったからしょうがないけど、今は服装によって見た目変われるんだなーって思います。
参考までに僕が利用している低身長の男性向けファッション通販を下記に紹介しますね。

 

メンズファッションプラス



このショップもモデルさんが170センチ以下の人が多いので僕みたいな160センチ台の身長ならイメージしやすいですよ!
しかもマネキンコーディネートそのまま購入できるシステムで使いやすいです。このコーディネートを現役女子大生がしているので女子ウケ間違いなしなんです。30日間返品OKなのも嬉しいサービスですよね^^

 

>>メンズファッションプラスの詳細はこちら

 

メンズスタイル

メンズスタイル
メンズスタイルさんのモデルはみんな170センチ以下の低身長なんで、イメージもしやすいんですよね〜
コーデも2500以上あるし、とても参考になるんですよね。
とりあえずテーラードジャケットでコーデするとだいぶ違って見えますよ。

 

>>メンズスタイルの詳細はこちら

 

スプートニクス

SPUTNICKS
女子ウケファッションのアイテムが沢山揃っていますよね。
きれいめカジュアルのスプートニクスなら派手すぎず地味すぎずお洒落な服装になれますよ。
細身のパンツにテーラードジャケットは定番になりつつありますね。

 

>>スプートニクスの詳細はこちら

 

ジギーズ

JIGGYS SHOP
渋谷系アイテムが豊富なのでおしゃれに見えるし、どちらかと言うと細身のアイテムが多いので背が高く見えることになりますよ。
パンツやシャツも細身でまとめるとそれだけでスラっと見えて背が高く見えるし、スッキリと大人っぽく見えるから不思議です。
あと、お洒落なオリジナルブランドが多いので僕もよく利用しています。

 

>>ジギーズの詳細はこちら

 

インフォアブソ

インフォアブソ
女子モテファッション特集とか頻繁にやっているのでチェックしておくと勉強になりますよ!
今年はクロップドパンツが人気のようで早速購入しました^^
靴次第で脚長効果出るのでコーディネートは大事ですよね。

 

>>インフォアブソの詳細はこちら

 

 

 

ダサいファッションの話

以前つきあってた彼氏の話です。彼とは学生時代に知り合いました。
運動系の学校だったのでみないつも授業はジャージを着てることが多いです。
なので、私服姿をみたことがなかったのが失敗だった。
彼に告白されつきあいはじめたのころは学校で会って一緒に帰るという時間を過ごすことが多かったのですが、初めて休日を一緒に過ごそうということになりました。
普通の恋人同士のように駅の改札口で待ち合わせることに、電車を降りて彼の住む町の駅の改札を出て前をみると、全身紫色の男が私を見て手を振ってるではないですか。目を疑いました。なんと彼は紫色のダブルスーツをきて登場したのです。
そんな服、今時どこで売ってるんだ?と思うスーツです。
デートにスーツというのにも驚いたけど、それよりなにより紫のスーツということに驚いた。しかもダブル。
とっても優しく、性格もよく、話していて楽しい彼だけど、服の好みだけは全く合わなかった。
付き合い始めてまだまもなかったのでその服装にツッコミをいれるほど、うちとけられませんでした。
友人に相談すると「洋服の好みは変えることができるから頑張ってみたら。」
と言われたけれど、毎回待ち合わせの度にどんな格好でくるのかとドキドキするのが嫌で、限界だったので泣く泣く別れることにしました。